PTOT人材バンク

作業療法士のやりがい、将来性について

更新日:

長年の実績、ノウハウで転職を支援!
PT/OT人材バンク
\専門のキャリアパートナーが徹底サポート/

 

理学療法士と並んで幅広くリハビリテーションの現場で活躍する作業療法士。

その仕事の内容や給与についての情報はいろいろとありますが、作業療法士の現状や将来性についても気になると思います。

高齢化社会はますます進んでいきますので、今後、作業療法士の需要が高まると言われています。

特に最近では地域医療や精神的ケアにおいて需要が高まっていて、リハビリ専門職としての活躍の場は広がってきています。

ここでは、作業療法士のやりがいや、これからの将来性についてみてみましょう。

作業療法士のやりがい、将来性

 

作業療法士のやりがいについて

人と関わる難しさもある分、やりがいも大きいと思いますが、どのようなことにやりがいを感じられるかみていきましょう。

 

患者さんの社会復帰に貢献

病気や怪我、障がいなどで日常生活が思うように送れない患者さんは不安を感じることが多く精神的な部分での支えも必要になってきます。

医師や看護師は病気や怪我を治療することが仕事ですが、そこから先の生活を自立していけるように寄り添ってサポートしていけるのが作業療法士です。

日常生活が送れるように自信を取り戻し、社会生活を送れるようになってもらうことは簡単なことではありませんが大きなやりがいになります。

 

身体的なことだけでなく精神的なサポートもできる

理学療法士は基本動作に関するリハビリを行っていきますが、
作業療法士は細部の身体機能の回復、維持を目指し、生活そのものの質を向上させることも目指します。

寝たきりになってしまった患者さんが作業をできるようになることにより希望を見出し、さらに出来る作業を増やしていく。

そして、その作業を通じて患者さんが生き生きと活動できるようになればやりがいも感じられます。

このように精神的にも支えていくことができるのも作業療法士です。

 

達成感を強く感じることができる

日常生活への不安を感じている患者さんがリハビリを通じて作業を行っていく過程で変化を感じることができます。

少しずつ自信を取り戻し、生きがいも取り戻し、前向きな気持ちに変わっていく姿を見ると強い達成感を感じられるでしょう。

 

実務経験が浅いうちは日々大変さを感じることばかりだと思いますが、

時間をかけて患者さんと向き合い実践を重ねていけば患者さんの変化を感じられるようになり、

それがやりがいへとつながっていくでしょう。

 

作業療法士の将来性について

作業療法士の需要は高まっていて、現場から足りないという声もあり求人は多いと言えます。

高齢化社会も加速しているので医療機関だけでなく、介護施設や訪問リハビリなどの求人も多くなってきています。

ですから、作業療法士が活躍できる場所も増えているということです。

医療機関が中心だったものが福祉、介護関連の事業所へと広がってきてます。

 

そして、教育機関にも活躍の場は広がっていて、最近では発達障がいを持つ児童の支援が活発になってきていますから、

社会生活を送れるようになるための訓練を早期に始めるようになっています。その分野においても活躍できるでしょう。

 

作業療法士は精神的ケアも行っていくことから他分野の職種の人との連携もあります。

求められることは多くなりますが、そのようなコミュニケーション能力や人をまとめるスキルも身につけばより重要な役割としてやりがいも大きくなっていきます。

地域医療や精神的ケアの分野での需要が高いので活躍することも期待されていますが、その分、作業療法士としての基礎知識やスキルだけでなく、その分野においても専門知識やスキルが求められますので身に付けていく必要があります。

 

年間1万人以上が登録

面接日程調整、給与条件の交渉もお任せ

 

⇒トップページへ戻る

 

-PTOT人材バンク

Copyright© PTOT人材バンクの評判・口コミは?気になるポイントをチェック! , 2019 All Rights Reserved.