PTOT人材バンク

面接対策が転職成功のカギを握る

投稿日:

面接は転職活動において最も重要なポイントと言えるでしょう。採用、不採用に大きく関わることですから自分の伝えたいことをしっかりと話したいですし、相手(病院や施設)のことも質問して理解したいものです。

しかし、面接の後で「もっとアピールできたのでは?」など後悔してしまうこともあります。そうならない為にも面接対策をしっかりと行って内定を勝ち取りましょう。

面接対策が転職成功のカギを握る

 

面接の基本、身だしなみをきちんとする

これは社会人として最低限のマナーとも言えます。面接にだらしない格好で行く人はそうそういないと思いますが、靴の汚れや髪型、スーツやシャツがしわくちゃになっていないか確認しておきましょう。細かい部分ですがこのような点も見られています。

人は見た目で第一印象を決めると言われています。メラビアンの法則というのをご存知でしょうか?心理学者のメラビアンが提唱したもので話し手が聞き手に与える影響を数値化したものです。

視覚情報 55%
聴覚情報 38%
言語情報  7%

上記のように圧倒的に人間は視覚(見た目)からの情報に影響されるのです。そして、一旦第一印象でインプットされたものは面接のような短時間では変えにくいものです。

ですから、面接では身だしなみは基本的なことですが重要な要素となってくるのです。細かいところまで意識して気をつけましょう。

そして、しっかりと相手の目を見て話すということも大事です。そして、うなずくなどのリアクションもしっかり取りましょう。「あっ、この人はきちんと理解してくれている」と思ってもらうことも大切です。

 

伝える内容はしっかりと整理しておく

面接官は事前に提出している履歴書や職務経歴書を見ながら面接を進めていきます。特に職務経歴書に書かれている内容と相違がないように気をつけましょう。

職務経歴書に書かれていることをもとに質問されたのに矛盾があると心証が悪くなってしまいます。

 

聞かれる質問に対しては答えを用意しておく

面接では必ず聞かれる質問というのがあります。その質問に対しては事前にある程度わかっているわけですからあらかじめ答えを用意しておきましょう。

よく聞かれる質問

  • なぜ資格を取ろうと思ったか?
  • 退職理由
  • 志望動機
  • 今までの経験
  • キャリアプランについて

これらの質問に対しては聞かれることがわかっているから【頭の中で大体をまとめる】にとどまらず【細かい部分までしっかりと答えを用意しておく】ことです。ただし、丸暗記したものを話すという感覚ではダメです。面接官にも伝わってしまいます。
自分の思いを伝えるための用意と考えておくことです。

 

自分の強みをしっかりアピールする

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といったリハビリ専門職の転職では自身の強みをアピールすることが大切です。

今までの経験、スキル、知識などは大きな武器となります。例えば、管理職の経験がある人は病院、施設でも求められます。リハビリチームをまとめたり経営者との間に入ったりと重要なポジションですので転職先でも管理職採用されることはよくあることです。それだけ求められているのでしっかりとアピールしましょう。

経験、知識、技術も大きなアピールポイントになります。同僚にそれらをシェアすることで職場全体のレベルの引き上げにつながります。また、学校を卒業後に入職した経験が浅い人材に対しても教育することができます。

新人教育に関しては時間もコストもかかることですからそれを任せられる人材は重宝されます。今まで経験してきたことは必ず転職後においてもプラスになることですから面接時にしっかりとアピールしましょう。

 

話す時のポイント

話す時にもいくつかポイントがありますので意識して話すようにしましょう。

ゆっくり話す

面接では緊張もあり早口になりがちです。意識してゆっくり話すようにしましょう。自分で「結構ゆっくりだな。」と思うくらいでもスピードとしては遅くはありません。

 

簡潔(シンプル)に話す

色々なことを説明しようとすると長くなり、わかりにくくなります。一つの文が長くなってしまいがちですね。そうすると聞く方も理解できなくなる可能性がありますから文を短く切って簡潔に話すことを心掛けましょう。力を入れて説明したい時などは特に回りくどくなってしまいがちです。シンプルに伝えることを意識してください。

 

感情を込めて話す

淡々とした話し方では相手にも響きません。感情を込めて話すことで相手の感情にも働きかけ聞き入ってくれます。人の感情が動くことは非常に大切で感情が動いた話というのは記憶に残りやすいと言われています。つまり、面接官の感情を動かすことができればあなたのことも記憶に強く残るということです。

 

 

-PTOT人材バンク

Copyright© PTOT人材バンクの評判・口コミは?気になるポイントをチェック! , 2019 All Rights Reserved.