PTOT人材バンク

転職を成功させるためのポイント

投稿日:

転職活動はできれば早く終わらせたいものですし、何回もするのは大変です。転職することを決めたのなら必ず成功させたいものですよね。

いくつ面接を受けてもなかなか内定をもらえない状況が続くと不安になりますし、モチベーションが下がってしまいます。

ここでは転職を成功させるポイントをいくつかあげていきますので参考にしてみてください。

転職を成功させるためのポイント

 

転職する目的を明確にする

これは転職の成否を分けるといっても過言ではありません。転職の目的をはっきりさせることでそこへ向かって一直線に進んでいくことができます。当たり前のことですがこれをきちんとできていないと転職を成功させることは難しいでしょう。

転職を考えるときに頭に浮かぶのは、
「給料が低い」「休みがない」「人間関係に問題がある」「やりがいを感じない」「正当な評価をされない」など何らかの不満から始まることが多いのではないでしょうか?

その不満を感じているのならそれをはっきりとさせて改善するにはどのようなことが必要なのか?どのような環境なら改善されるのか?深掘りしていくことが大切です。そうすれば、どうすべきかということも見えてくると思います。
転職を成功させる人はこのような目的がはっきりとしています。

 

なんとなく転職するのはやめておく

「なんとなく転職したい」と思って活動を始めたとしてもなかなかうまく行かないことが多いです。転職理由が「なんとなく」だとまず方向性が定まりません。そして、面接の時にそのような気持ちも表に出てしまい面接官にも伝わってしまうでしょう。

そして、仮に内定までもらい入職したとしても、なんとなく転職した場合に多いのが「前の職場の方がよかった」と感じることです。

その新しい事業所でないとダメという確固たる理由もないわけですから何かの不満が出てきた時に慣れていた前の職場の方がよく感じるものです。

これは新しい職場で働き始めて少し経つとこのように感じてしまうパターンが多いようです。
ですから、「なんとなく転職したい」と思っている段階では保留にしておいて本当に転職したいのか?しなければならない理由があるのか?もう一度考えてみることが大切です。

 

情報収集が大切

転職を成功させる人は情報収集も怠らず、きちんとしています。求人情報のチェックは選択肢を広げるためにも非常に大切ですし、興味がある病院や事業所があればホームページなどでチェックします。

PTOT人材バンクではアドバイザーが事業所の雰囲気など内部的なことも知っているのでそれを聞くことができるのはメリットと言えるでしょう。やはり生の声を聞くことができるということは良い判断材料になります。

 

退職前から転職活動を始める

何らかの事情がある場合を除いては在職中のまま転職活動を行った方がよいでしょう。退職してからの方が日程調整などしやすいですし、時間もとれるので求人検索も十分できるでしょう。

しかし、転職活動は必ずしも思い描いている予定通り進んでいくとは限りません。長引くと金銭的な負担も出てきます。また、内定がもらえないと焦りも出てきてプレッシャーも感じるようになり、とりあえず内定が出たところに決めるというような転職になってしまう可能性があります。それでは本来の希望とは異なってしまい、新しい職場でもまた転職を考えるようになってしまいます。

また、何ヶ月もブランクがあると仕事そのものへの意欲も薄れていきますし、環境も変わることを考えるとあまり仕事をしない期間を多くとらない方がよいと言えます。

 

相手もこともよく知る

これは希望する病院や施設があればホームページをしっかりと見るなどして研究しておくということです。理念やどんな施設があるか、診療科目など一通りチェックしておきましょう。

共感できる部分や貢献できそうなことなども見えてくる場合もあります。ホームページだけで不十分と感じる場合はPTOT人材バンクでしたらアドバイザーに聞けば詳しい情報を得ることができます。

 

-PTOT人材バンク

Copyright© PTOT人材バンクの評判・口コミは?気になるポイントをチェック! , 2019 All Rights Reserved.